日本近代文学館

資料収集のために駒場の近代文学館へ。

私が通っていた頃は、それこそもう何十年も時間が止まっているような静逸な空間だったのだけれど、今は館内にCafe文壇なるスペースができて、オサレな若者が集っているとかいないとか。閲覧室には資料の目録を納めた黒光りする立派な棚が、今でも堂々と並んでいる。これらの棚の引き出しから目録カードを繰り出しては資料を探していた頃が恐ろしいほど昔であったことのようで、目眩のするような思いがする。

アヒル

東京の家に帰宅したら、二羽のアヒルが待っていた。左は先住者で広島から来たであろうことは間違いない。右はサン・セバスチャンを旅した学生さんから頂いたアヒル。ライデンの家にもアムステルダムとロンドン出身のアヒルがいて、どちらもそこを訪れた学生さんがお土産でくれたもの。明大の学生・卒業生たちが世界を旅しているのをこのような形で見られるのはなんとも嬉しい。
These lovely ducks have been waiting for me to come back in Tokyo. The left one is the existing habitant, who is originally from Hiroshima, I suppose. The right one is a nice present from my students who visited San Sebastián. I’ve already had two ducks at my apartment in Leiden, both of which are souvenirs from my students, who have stayed or visited Amsterdam and London. Nice to see how students of Meiji University have explored the world!

Gouda cheese

Sigh, I am such an idiot. I bought too much Gouda cheese at market. Yes, I have to admit that I was a bit panicky as everything seems unstable and uncertain to me. People in Leiden stay calm and conduct their daily life without any problem, but at the same time I hear people rush to the supermarket to buy rolls of toilet paper and other basic stuff. Well, I don’t know what to do with these cheese. I should bring them all to Tokyo and share with my friends…

一時帰国

アメリカ出張もパリ滞在もキャンセルになり、日本への一時帰国の日取りを早めることにした。今後、ヨーロッパからの飛行機が日本に入国禁止になるのかもしれないので。オランダの味を持ち帰るべく、市場でたくさんチーズを購入したら、売り場のお姉さんに、どこに持っていくのかと聞かれる。日本だよというと、戻って来られる?と心配された。確かに、韓国、中国、イタリア、トルコからの飛行機がオランダへの渡航を禁じられたばかり。日本かオランダかと言われたら、マスクをするのが嫌なので断然オランダにいたいのだけれど。。
Decided to fly to Tokyo a couple of days earlier than I arranged as I had to cancel my business trip to Boston and stay in Paris… well, we never know when the Japan government will ban flights from European countries…
Bought bunch of Dutch cheese at market and was asked by a young lady who sold them to me where I would bring them to. She looked worried if I might not be able to be back in the Netherlands as the Dutch government might bum flights from Japan soon… Anything could happen and nothing is for sure. Sigh…