Quarantine Day 4:す

ベルギー人の友人がいる。彼女はアントワープ大学の法学系の大学院に所属している院生で、来週、博士論文の口頭試問を受けるという。昨日は、彼女が自分の友達を査読者に見立ててオンラインでリハーサルをするというので、その1人として参加した。
事前に博論のデータを送ってもらって読んだのだけれど、これがもう素晴らしく面白い内容で、どうしても書き残しておかなければと思ったのだ。とはいえ、まだ博論審査の前なので、ざっくりと問題のない程度に記しておこうと思う。
博論では、ベルギーとオランダにおける3人以上の親によって構成される家族に焦点が絞られ、そうした家族に関する法律解釈と実態とのずれが解き明かされている。具体的には、複数親による家族についての現行のベルギーとオランダの法律解釈が分析された上で、実際にそうした家族を構成している人々へのインタビューが行われ、そこでどのような家族に関する語彙が用いられたかが分析されている。
そうした分析の結果、法律が人々の家族をめぐる社会行動を規定し、拘束することが明らかにされる一方で、新たな家族の形態を作り上げる人々の社会行動が、新たな法律の制定や施行を駆動していることも導き出されている。
中でも興味深いのは、家族を規定する現行のベルギーやオランダの法律の語彙が、「核家族」、すなわち、〈父〉と〈母〉という異なるジェンダーによるつがい(カップル)を「親」と捉え、彼らとの間にできた〈子〉を含めて〈家族〉という単位として認識する、という考え方を踏まえているという指摘である。
博論では、「核家族」は必ずしも歴史上普遍的な家族の形ではなく、かつては異なる家族の形があって、これからも新たな家族の形が生まれていく。そうだとするならば、現在の社会において営まれている様々な家族の形を踏まえた法律が作られるべきだろうと結論づけられ、実際に法律を変えていくための具体的な指針が提言されていた。
同性同士やトランスジェンダーのカップルが子供を成す場合には、精子や卵子の提供や代理出産によって第三者が否応なく関わることになる。もしくは、そうした出産に直接関わらなくても、3人以上の人々が〈親〉として子供を養育している家族も実際に存在している。そうした家族にとって、法律上、〈父〉と〈母〉に該当する人たち以外の人々が〈親〉に準ずる存在として規定されてしまうことで、家族の社会生活を営む上で重大な問題が生じることがある。
こうしたオランダやベルギーの問題を乗り越えるべき参照事例として、カナダやアメリカのいくつかの州の法律が挙げられていた。そうした法律によると、法的書類には「父」と「母」という語彙を用いずに、「親」とのみ記せばよいらしい。そうすることで、〈親〉という概念をジェンダーによって切り分けずに済むだけでなく、〈第二の父/母〉、〈生物学的な母〉や〈代理母〉などの〈親〉の中でのヒエラルキーを作らずに済むのである。
ベルギーとオランダは世界に先駆けて同性婚が法律的に認められた国々である。そのことだけでも、私にとっては激しく羨ましいことで、日本での遅々として進まぬ議論に苛立ち、怒りを覚えてきた。そんな私は到底未熟であった。昨日私が体験したのは、同性婚はもはや当然のこととされた上で、複数親による新たな家族の環境を整えるべく、活発に言葉が交わされる目の覚めるような議論だったのだ。
日本もオランダやベルギーと同様、歴史的に様々な家族の形態を生み出し続けてきた。それならば、異性カップルによる核家族を基本とする現行の家族観は、現実に作られ、営まれている新たな家族のあり方によって乗り越えられてよいはずである。
友人の博論が力強く示していたように、現実の家族が新たな法律の制定を駆動するのだとしたら、現在の日本社会において存在するのだけれど、見えなくさせられている様々な新たな形の家族を可視化する動きを作っていくこと、そして、可視化しても大丈夫だと当事者たちが思える環境を作っていくこと、それらが私にできることなのではないかと思った。

Quarantine Day 3

夢を見ていた。奥深い森の中で地面に寝転がり、近くの焚火の熱を感じながら、鳥たちの大合唱を聴き、樹々や花や湿った土の匂いを嗅いでいた。猫らしき生物が、仰向けになった私の身体の上を歩いていった。

気がつくと、ライデンの屋根裏部屋の寝室に寝ていた。寝る前に窓を閉め忘れたために、寝室が面している中庭で深夜に起きていた出来事を夢に取り込んでいたようだ。

昨日は夜十時近くまで外が明るくて、運河を次から次へとボートが流れ、中庭では若者たちがバーベキューを楽しみ、鳥たちはそこら中で飛んだり鳴いたりしていた。短い夏を全力で楽しもうと、人も動物も植物も寝る間も惜しんで活動しているようだ。

I had a dream last night: I was in a jungle lying on the ground, receiving heat from a bonfire nearby, listening to a swinging chorus of birds, smelling beautiful fragrances of trees, flowers and wet soil.
I felt a cat or some animal stepping on my body.

All of sudden I found myself lying on a bed in my room in Leiden. I noticed I had forgotten to close windows before going to bed. I must have mixed up what was going on in the court yard in front of my bedroom during the night and created a dream of my staying in a deep jungle.

The sun stayed until late in the evening, say 10pm, last night, and people enjoyed sailing boat, chatting on grass, doing barbecue, and birds also enjoyed flying one place to another and singing beautiful songs. Not only humans but also animals and plants seem to appreciate the brief summer as much as they can.

Overwhelming…

家の前の運河に、素晴らしい快晴を楽しむライデンの人たちの舟が次から次へと流れていく。厳戒自粛ムードの東京から戻ってくると、彼らのあまりの開放感にクラクラと目眩がしそうになる。

I am overwhelmed with viewing boats coming one after another on the canal in front of my apartment and people in Leiden having fun with chatting and playing music, especially because I flew from Tokyo yesterday, where people were strictly requested to wear a face mask on the street and tried not to be criticized by others for their misbehaviors, which was really exhausting.

Quarantine Day 2

(English shown below)
引きこもり生活二日目:素晴らしい快晴である。天気予報によると、今日は28度まで気温が上がるとか。屋根裏部屋の窓から見る限り、ライデンの人たちは、半裸になって運河をボートで流れていったり、これまた半裸になり、芝生の上に横になって日光浴をしていたりする。ちなみに、家主の旦那さんも中庭でパラソルを広げて、犬や猫、鶏たちと日向ぼっこをしている。うらやましい限りである。ちなみに、オランダに着いてからマスクをしている人にまだ出会っていない(それがよいことかどうかは別として)。
今朝、アムステルダム市長が、人が密集していない地域を皮切りに国内旅行を徐々に再開しようと提言しているという驚くべき記事を読んだ。日本では、まだ近所を出歩くことすら憚れるというのに。
コロナ危機前に行っていなことをどのようにして再び始めていくのか、オランダと日本での違いを観察するのは興味深いことだと改めて思った。
参考までに、5月20日時点で、オランダのこれまでの感染者数は11,627人で、死者数は5,748。現在ICUに収容されている人数は275人、5月19日に亡くなった方は7人とのこと。

Quarantine Day 2: It’s such a beautiful sunny day! The weather forecast says the temperature will go up to 28 degrees. I observe from my room people in Leiden are enjoying exposing their half-naked body and sailing boat or lying on grass. Envy them!
I read a surprising article today saying that the mayor of Amsterdam has suggested restarting tourism in less crowded areas in the Netherlands. I’d say people in Japan now still hesitate to move even around their neighborhood. It’s really interesting to observe and compare how people in the Netherlands and Japan are going to prepare for restarting what they used to do before this crisis.

Quarantine in Leiden Day 1

Quarantine in Leiden Day 1:
今日から2週間の引きこもり生活開始。
屋根裏部屋の窓から見える景色は、これまでとなんら変わらない。いや、2か月前は寒風が吹くなかをコートを着込んだ人々が自転車を全速力で漕ぎ去っていたのだから、景色は一変している。でも、マスクをせずに歩く人々が、眩しいくらいに美しく輝く新緑をのんびりと愛でている様子を見る限り、この間に起きた根本的な変化はまだ感じられないのだ。